OKAYAMA温泉予約ネット
宿泊体験レポート

のどかな自然の中の天然ラドン温泉
苫田温泉 泉水
宿泊体験 2012年9月某日
さっきまで市街地にいたのが嘘みたい。岡山駅から車でわずか15分。山の斜面を上がっていくと、秋の紅葉のなかに湖畔を発見しました。その隣にあるのが今回のお宿である、苫田温泉 泉水。これから私たちを待ち受けている、温泉に、お食事、お部屋。一体どんなところなのか、期待が膨らむばかりです。早速、いってきま~す♪
PM4:00 自然に囲まれた、私たちの別荘
「いらっしゃいませ。」お宿に入るとまず、支配人さんが出迎えてくださりました。ロビーは、赤が印象的。上品で、でもどこかアットホームな温かみがあります。自動ドアを抜けて石畳を上がっていくと離れがぽつんぽつんとあり、その向かいにはお庭が見えます。ここも紅葉がとてもきれい。…さあ、お部屋に到着!まるでお家のドアのような戸を開けると、広くて手入れの行き届いた和室が!テーブルの上には干し梅ときび団子も用意されており、小腹のすいていた私たちはお茶と一緒にペロッといただいちゃいました。美味しかったなぁ~。
さあ、エネルギーを充電したらお外にお散歩に。来るときに見た湖畔にはたくさんのカモがいました。また、旅館の裏に小道を発見。自然に囲まれて、空気がおいしーい!
お外を満喫したら、今度は旅館の中を探険。外から見て気になっていた長い廊下は、室内から見るとまた違った表情で、思わず走り出したくなりました。※よい子はまねをしてはいけません
また、150名ものお客さんが入れる宴会場や、カラオケのできるバーもありました。今回は支配人さんの御計らいにより、少しカラオケを楽しませていただきました。普段は土曜日などお客さんが多い日の夜9時から12時にしているそうです。歌ってカロリー消費!
PM6:00 湯めぐり
いよいよ、待ちに待った温泉へ。ラドン泉は肌にやさしく、「美人の湯」とも「若返りの湯」とも呼ばれているそうです。二つの浴槽があり、内にある名物備前焼風呂はぶくぶくと泡が出ていてゆったりとした広さでちょうどいい熱さ。もう一つの源泉掛け流し岩風呂は外にあり、こぢんまりと落ち着く広さで少しぬるめ。岩風呂には屋根?があって雨天でも入れるようになっているのですが、ばっちり空が見える造りになっていて素敵!おぼろ月を見ながら、まったりとした時間を過ごしました。
出るころには体がぽかぽか温まり、いつもの冷えはどこへやら。
PM7:00 夕食
わあー! 夕食を準備してくださっている個室へ入った瞬間に、歓声をあげてしまいました。まず目に飛び込んできたのは、秋色会席。小鉢にお刺身、蟹、アワビのグラタン、ちらしずし、キジ鍋、ふぐの唐揚げ、ブドウゼリー…。すごく豪華で、手の込んだ御馳走たち。食べながら、ここに来て本当によかった~、と思いました(笑)。そしてなんと、かき土手焼御膳まで準備してくださっていました!実はこの旅館「泉水」は、戦前の人気店「西川かき舟」が前身だそうです。大正十一年には平和記念東京博覧会にも出店したとのこと。岡山の虫明産、日生産のかきを使った特製みそ鍋、かきフライ、焼きがき、かきご飯などをいただきました。みそ鍋では味噌とぷりっぷりのかきがマッチしていて、今まで食べたかき料理の中で一番美味しかったです。夕食を二種類も食べてみて、私ってこんなに食べられるのか、とびっくりしましたね(笑)。
PM10:00 お部屋でまったり
お部屋に帰ると、もうばっちりお布団を敷いてくださっていました。寝る準備をして、お布団に包まって、出てくる話題と言えば…もちろん、女子会の鉄板である恋バナ。理想の人から、~歳で結婚して…という人生設計のお話まで飛んでいきました(笑)
AM7:00 朝ご飯
昨日の夜にあれだけたくさん食べたはずなのに、おいしそうな朝ご飯を前にしたらお腹がすいちゃいました。夜ごはん同様に品数が多く、色々なものを少しずつ食べられます。どれを食べても絶品!朝が冷え込む季節になってきましたが、温かいお料理で体も温まりました。サラダも体を冷やす生野菜ではなく温野菜、とひと手間加えてあって感動!泉水は、冷え性女子の味方です。気が付いたらお皿は空に、お腹はいっぱいに。
AM10:00 チェックアウト
グルメな女の子も大満足、癒しの宿「泉水」♪
苫田温泉 泉水
あっという間の一泊二日。もっと居たいと思わずにいられないほどに居心地がよく、とても濃い時間を過ごせました。泊まってみて常に感じたのは、控え目でありながら行き届いた、温かいおもてなしの心。ぜひまた来たい、と思わせてくれる素敵なお宿です。いつもと少し違う女子会、お誕生日会、自分へのご褒美に、いかがですか?